特殊コーティング

co_top

エシュロン・ボディーコーティング

topbar_body_echelon_640

エシュロンは愛車のボディをキズや汚れから守り、塗装面を保護する最先端のボディコーティングです。その性能は化学的根拠に基づいて実証されています。 ECHELON(エシュロン)は、ペドロポリシラザンと呼ばれる物質が、200℃~450℃という高温下で、シリカガラス質へ転化する性質を応用したもの です。従来、高温での処理が必要だった反応を、常温で起こすことに成功したため、高性能な被膜を特殊な装置なしで形成できる、画期的なコーティング剤で す。PHPSが反応するのは、空気中の酸素(O2)と水(H2O)。そのクリーンな反応により、緻密で高純度なガラス被膜が形成されます。 (ECHELONには、クラリアントジャパンのPHPS「アクアミカ」を使用しています) ECHELONによる被膜の硬度は、他のコーティング被膜や樹脂材料に比べても群を抜いています。代表的なケイ素樹脂系のコーティング剤による被膜の硬度 0.18GPaに対し、ECHELONの被膜の硬度は、3.0GPa。実に16倍もの硬度があります。(数値が高いほど硬く、傷がつきにくい性質がありま す。 また、物質のしなやかさを表す弾性率を比較してみても、代表的なケイ素樹脂系のコーティング剤による被膜3.5GPaに対し、ECHELONによる被膜 は、31GPaと圧倒的な数値を示しています。(弾性率は、物質を変形させたときの復元力の強さを表します。数値が高いほど復元力が強く、しなやかな性質 があります。)

b_001

b_002

GT-Cグラステックコート

gtc

GT- Cグラステックコートは国内最高水準を誇る、高濃度ガラスコーティングです。空気中の水分と酸素が常温で反応し高純度のガラス膜を形成します。ガラス皮膜 は完全無機質で、石英ガラスに相当する硬度をもち、劣化したり剥がれ落ちたりしません。酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ ます。
早稲田大学理工総合研究センター 森実敏倫 理学博士特許 [特許:金属酸化物ガラスの膜および球体微粒子の製造方法] を有しており、化学的に証明されている製品で、他社と一線を画しております。

gtc

GT-Cグラステックコートの性能


★完全無機質
GT-Cグラステックコートは、特許を有しており、化学的に証明された完全無機質の製品です。
★親水性
完全無機質のガラス膜は超硬質で、親水性の高い性能をもっています。汚れもつきにくく、都市型の汚れや虫の死骸、鳥フン等を水洗いで簡単・綺麗に落とすことが可能です。
(少量の水なら流れるように、雨などの大量な水は、滑るように落ちていくのが特徴です。)
★環境対応VOCフリー
GT-Cグラステックコートは、結合剤や製品合成過程において、有機揮発性物質(VOC)を使用しない環境を考慮した製品です。トルエンやキシレンなどは一切使用しません。

b_003

b_004

GT-Cグラステックコートの特長


「金属酸化物ガラスの膜及び球体微粒子の製造方法」により、開発された国内最高水準の高濃度ガラスコート剤です。本来のガラスの持つ性能や特質を十分発揮するとともに、ガラス独特の艶やかで濡れたような輝きを表現します。
密着性に優れているのでボディー以外にもホイール・バンパー・F R P製品・サイドバイザー・テールランプ、エンジンルーム等にも施工できます。見た目の美しさはもちろん、耐熱や防汚効果が期待できます。

kagayaki

メンテナンス


コーティングを施されたボディも、何もせずにそのクオリティを保てるわけではございません。
GT-C専用メンテナンスキットを定期的に利用していただくことで、クオリティを保つことができますが、忙しくて普段のお手入れがおろそかになってしまくことも少なくありません。また、せっかく磨いたボディに、不用意に傷をつけてしまうことも…
当店では、施工後も安心してカーライフを楽しんでいただくために充実したアフターサービスを御用意いたしております。

gtcm

エシュロンコーティングの実績をご覧いただけます。

コーティング,お問合せ